メニュー

よくある質問

社会福祉士養成通信課程についてのよくある質問ページになります。

短期養成


社会福祉士養成通信課程(短期)は、社会福祉士養成通信課程(一般)と何が違うのでしょうか?

本校社会福祉士養成通信課程(一般)は、指定科目及び基礎科目を1年9ヶ月の期間で履修しますが、本校社会福祉士養成通信課程(短期)は、すでに基礎科目すべてを履修済みの方等が、指定科目を9ヶ月で履修することとなります(本校への出願資格等の詳細は、各募集要項をご参照ください)。実習については、実務経験が1年未満の場合、どちらの課程においても、23日間かつ180時間以上必要です。

社会福祉士養成通信課程(短期)を修了した場合と、社会福祉士養成通信課程(一般)を修了した場合で、国家試験の受験科目は異なりますか。

いいえ、国家試験受験科目に違いはなく、同じ科目を受験する必要があります(精神保健福祉士の資格保有者は、受験申込時の申請により一部試験科目免除)。そのため、本校社会福祉士養成通信課程(短期)では、指定科目を履修しながら、効率よく国家試験対策を進められる学習ツールをご提供いたします。

仕事との両立は可能でしょうか?

e-learningシステムを使用した学習が中心ですから、ちょっとした時間を有効活用することでお仕事との両立は可能です。

受講中に実務経験(1年以上)を満たすのですが、実習は必要ですか?

実務経験は、入学前までに1年以上に達している必要があります。入学時点で、実務経験が1年未満の方は、実習が必要です。

実習期間はどのように決定しますか?

実習期間は、受講生と実習施設の都合を調整し、実習日程を組み立てます。7月~10月の4ヶ月間のうちに、規定日数及び時間数を満たす必要があります。短期間での実習となりますので、実習が必要な方は、予めご相談ください。

入学前に、実習や学習の進め方等について、詳しく教えていただきたいのですが。

学校説明会(8月以降、月1回程度)で、実習や学習の進め方等について詳しくご説明いたします。また、予約制の個別相談会も開催いたします。詳細は、ホームページをご覧ください。

自宅にインターネット環境がありません。e-learningでなければ学習できませんか?

本課程では、e-learningを推奨しておりますが、郵送による通信学習を行うことも可能です。学習方法は受講開始時に決定していただきます。