メニュー

  • 社会福祉士について

社会福祉士について

社会福祉士とは

社会福祉士【国家資格】とは

法的には専門的知識及び技術をもって日常生活に支障のある方の福祉に関する相談に応じ、助言や指導を行ったり、福祉従事者や医師、保健医療従事者との連携を行うことを専門とする国家資格とされています。
最近では「日常生活に支障のある方」の考え方が拡大されており、社会との連結が上手く行かない人々が対象となりつつあります。
そのため、社会福祉士の支援対象者・業務範囲はますます拡大しているところです。
社会福祉士の主な活躍の場としては、社会福祉協議会・福祉事務所・障害者施設・児童福祉施設・高齢者施設・医療機関・都道府県及び市区町村の社会福祉行政や相談機関などがあります。

社会福祉士になるには?

社会福祉士の国家試験を受験するには受験資格が必要です。受験資格は学歴や実務経験によって異なります。詳しくは、公益財団法人社会福祉振興・試験センター(外部リンクです)で確認してください。
*大学・短大等には専修学校の専門課程など様々な学校等が該当します。詳細は必ず上記リンク先等で確認をしてください。

社会福祉士へのフロー 一般養成へのリンク 短期養成へのリンク

社会福祉士の仕事・活躍の場