メニュー

社会福祉士について

社会福祉士の活躍の場

福祉施設

老人ホームや障がい者施設等の施設で、利用者の生活全般に関わる相談援助、連絡調整等を行います。

地域の福祉サービス

地域包括支援センターや在宅介護支援センター、社会福祉協議会等で、地域住民のための福祉サービス相談窓口の業務や、福祉サービスの企画・実施に携わります。

医療機関

病医院、保健所等で、患者様とご家族が抱える経済的な問題や、退院後の生活の問題の相談に応じ、患者様の社会生活復帰への援助を行います。

独立型社会福祉士事務所

成年後見制度の下での「権利擁護の活動」「サービスの第三者評価」及び介護保険制度の下でのケアマネジメント等を行います。

教育分野

教育機関(学校)で、児童生徒の抱える様々な相談に応じる相談員として、スクールソーシャルワーカーが近年増えてきております。スクールソーシャルワーカーは児童生徒本人と、家族・教師等児童生徒を取り巻く周囲の人々に働きかけながら問題解決を図ります。

司法分野

刑務所及び更生保護施設に社会福祉士が配置されるケースが増えてきました。犯罪や非行を行った人へ、出所後の社会復帰支援を行います。

社会福祉士の国家資格を得ることで相談業務のプロフェッショナルであることが証明され、様々な場で活躍することができます。利用者のために親身になって話を聴き、行動し、問題解決の手助けを行う公的資格が社会福祉士です。