メニュー

社会福祉士について

社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事

ソーシャルワーク=社会福祉士の仕事 ということになります。

一言で表現すれば、利用者の生活と権利を守り、自立を支援するため、時には利用者を代弁し、ほかの専門職と連携し、利用者の最善の利益の実現を目 指してソーシャルワークの価値と倫理を尊ぶ、価値・知識・技術に支えられた実践を行う専門職であるといえるでしょう。

最近、「サイレント・プア」という言葉が聞かれるようになりました。経済的に困窮状態になっているにもかかわらず、相談がなかなかできない状態 のことを指しています。社会問題としてテレビでも取り上げられるようになり、大きな問題となりつつあります。このような方の相談相手として社会福 祉士が大きな役割を果たします。また、地域支援としてコミュニティー・ソーシャル・ワークという「ちょっとした相談」ができる機会も増えています が、これも社会福祉士が大きな役割を果たしています。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容はさまざまな分野から構成され、「相談」「関係機関との連絡・調整」「管理業務」など多岐にわたります。

相談

最も重要で、かつ日常的に行われるのが、総合相談という業務です。利用者の相談に乗ったり、カウンセリングを行ったり、必要なサービスの情報を提供したり、問題解決の調停役を努めることもあります。特に、利用者自身が問題解決にあたれるよう、問題解決能力を高めていく方向で、相談業務にあたることが重要です。

関係機関との連絡・調整

利用者を中心にして行政機関、サービス事業所(居宅介護事業所・自立訓練事業所等)、ボランティア等関係者と連絡調整を行い、利用者が適切なサービスや援助の提供を受けられるようにします。

管理業務

利用者へのサービスの管理はもとより、施設・機関、設備、人、法律等への対応、また、新たなサービス提供の計画策定を行い、必要になった時点で即座にスムーズにサービスの提供ができるように管理・運営を行います。
上記以外にも、どのような生活上の困難を抱え、どのような福祉サービスが必要とされているかを見極めるニーズキャッチ、あるいは社会福祉施設の運営管理から、地域福祉計画の策定まで、社会福祉士が手がける仕事の範囲は非常に幅広いものとなっています。