仙台医療福祉専門学校 社会福祉士養成通信課程

資料請求

働きながら学ぶ

ひとりひとりのライフスタイルに応じた学習により
社会福祉士取得を目指します。

社会福祉士養成通信課程

POINT

1使いやすく、効率のよいe-ラーニングシステムで、時間・場所を選ばずに学習することが可能です。

 本課程は、e-ラーニングシステムを導入しており、いつでも学習課題や本課程からの連絡を確認することができます。レポートを郵送で送る手間、費用も不要です。また、受講生専用掲示板で学習に関する質問も随時可能です。仕事を続けながら、一人ひとりのライフスタイルに応じた学習ができます。

2スクーリングは週末中心の設定で勤務先での長期休暇取得は不要です。

 スクーリング(相談援助演習、相談援助実習指導)は、お仕事をされている方でも、長期休暇を取る必要がないよう、比較的参加しやすい週末(土曜日/日曜日)を中心に実施しています。

年間学習スケジュールとスクーリングについて

3東北各県にある実習協力施設で安心して実習に臨めます。実習先は相談のうえ決定します。

※相談援助実習は、入学時点で実務経験1年未満の方が対象となります。実習は23日間かつ180時間以上必要です。実習期間は受講生の都合を考慮し、個々の状況に応じた実習日程を組み立てます。

 相談援助実習は社会福祉士の業務に触れ、利用者の方との関わりや施設等の組織について理解を深める場です。本課程では、東北各県に実習協力施設があるため、安心して実習に臨むことができます(実習先は相談のうえ決定いたします。なお、入学時点で相談援助の実務経験が1年以上ある方は、実習免除となります)。
 スクーリングから実習終了まで、専任教員がサポートします。質問・相談は、メール、電話、受講生専用掲示板で受付可能です。

これまでに実績のある相談援助実習施設所在地

4仙台医療福祉専門学校の経験実績が誇る頼れる専任教員がサポート!

 仙台医療福祉専門学校は社会のニーズに対応し専門的知識と技術を兼ね備えた職業人を育成してきました。本課程においても指導経験・実績豊富な教員が受講生の夢の実現までバックアップいたします。

 また、本課程教務主任の鈴木宏之は、認定社会福祉士認証・認定機構にスーパーバイザーとして登録されており、認定社会福祉士の取得に必要なスーパービジョンを行うことができます。社会福祉士国家資格取得だけでなく、資格取得後のキャリアアップについても応援します。

課程の概要